キャッシングの審査に合格しやすい人

キャッシングの審査に合格しやすい人

キャッシングの審査に合格するために何よりも大切なのは収入の高さです。収入が無い人はまず審査に通らないと思った方がいいでしょう。パートやアルバイトの人は申し込みはできますが、正社員と比較するとやや審査では不利になります。正社員の人の中でも有名な大手企業に勤めている人や公務員の人はとても審査で有利になります。

 

ただ、気をつけたいのはいくら収入が高くても、安定性が低いと審査で不利になるということです。例えば、個人事業主などの場合は今年の収入が来年も同じように続くとは考えづらいため、審査では不利になります。安定性の面でもやはり大手の企業や公務員の人が有利になります。

 

また、いくら勤め先そのものが安定していたとしても、その人の勤続年数が短い場合は問題視されます。すぐに辞めてしまって無職になり、返済できなくなるのではと疑われてしまうのです。大体、3年以上は勤続年数が無いと審査でマイナスになります。

 

その他、すでにキャッシングを利用している人は借入件数や借り入れ総額もチェックされます。いくら安定した高収入があっても、すでに作った借金の返済でいっぱいいっぱいな人にはキャッシング会社も融資をためらいます。その場合にはパートでも使えるおまとめローンで一本化をするのも一つの方法です。

 

他のキャッシング会社を利用していない人、利用していても完済している人の方が審査では有利になります。